Deviele〈ディヴィエレ〉

2017/06/30

「なにを着るかより誰が着るか」説。オーラを纏うとオシャレに見える!

こんにちは♡
Devieleです。

 

 

最近雑誌を見ているとパーソナルカラーや骨格診断のページを見かけますね。
これらは自分の生まれ持った肌の色や体型に「似合わせる」テクニックです。

 

 

実際、似合わせでコーディネートを組むと、
顔の色がワントーン明るく見えたり、スタイルが良く見えるたり、いいこと尽くめです。

 

 

ですが、その一方で
「なにを着るかより誰が着るか」
「この人が着るから素敵に見える」
という説も否定できません。

 

 

女性芸人さんを見ていると、
決して容姿端麗ではなくともカッコイイ人はたくさんいらっしゃいますよね。

 

 

今日はどんなファッションスタイルもなぜか様になる女性の特徴をあげていきたいと思います。

 

 

自分流を持っている

 

どんなファッションも着こなしてしまう人は、総合的に自分のことを知っている女性がとても多いです。

 

それはファッションの枠だけでなく、プライベートの時間や働き方を切り取っても言えることです。

 

なにを着るかより誰が着るか

 

 

なにをされると喜ぶのか。
どんなことがあるとイラっとするのか。
どうすれば解消できるのか。
どんな働き方が適しているのか。
どんな風な姿で在りたいのか。

 

 

自分の性格や理想を理解しているので、自分に似合うファッションコーデなんてのはお手の物。

 

この着こなしは自分流ではない、このお洋服がこうだったら・・・なんて考えられるのは自分のキャラクターを自分でよく知っているからですよね♡

 

チャレンジ精神がある

 

どこか人を惹きつける雰囲気のある方は現状維持より前進を選んでいます!

 

いくつになっても自分がやりたいと思ったことに対してチャレンジし続ける姿勢はカッコイイですよね!

 

ファッションマインド

 

光が強くてパワーがあると不思議とファッションまで素敵なものに見えてきます。

 

時代や年齢に囚われず、自分の人生を生きてゆきたいですね♡

 

 

誰かに依存しない。自分に正直。

 

自分の軸があるので誰かに頼ることはあっても依存しない。
依存しないので、他者に過度な期待を寄せたり、他者のせいにしたりしない。

 

 

誰かの軸で生きていないので、自分の心の声を拾うのが上手です。
自分の気持ちに嘘をつくのを嫌うので、真実を語ります。

 

素直さは美しさ

 

 

人の見た目は心の投影です。
素直さは見た目の魅力に比例します。

 

 

まとめ

 

ファッションとは随分かけ離れたような内容になりましたが、洋服と同じでオーラも‘纏う‘と言いますよね。

 

「この人が着るとなぜか素敵に見える」はその人がオーラを着ているからではないでしょうか。

 

もしかするとオーラはファッションよりも見た目ビューティーに近づけてくれるのかもしれないですね。

 

オシャレ磨きもいいですが、自分の内側磨きも忘れずに参りましょう♡


Top