Deviele〈ディヴィエレ〉

2017/06/24

好きな洋服と似合う洋服が違う時

こんにちは♡
Devieleです。

 

 

ファッションのお悩みでよく聞くのが、
好きな洋服と似合う洋服が違うというお悩み。

 

 

例えば、本当はフリルやタックの入ったフェミニンなお洋服が好きなのに、似合うと言われる服は直線的でスマートな印象のもの。
ロング丈のカーディガンやワイドパンツなどのザックリとしたアイテムが手持ちで多いのに、フレアースカートやコンパクトな丈のカーディガンの方が周りからの評判がいい。

 

 

と言ったようなことです。

 

 

実は当店のオーナーも好きなものと似合うものが違うタイプです。
オーナーズスタイルと一緒に見て行きましょう。

 

好きな服と似合う服が違う時、好きな服を上手に選ぶ方法

 

まず、当店のオーナーが好きな服の特徴は・・・

 

・綿、麻、ウールなどのしっかとハリのある素材
・タイトスカートやセンタープレスパンツなど直線的なシルエットの洋服
・大きめの柄でパキッとした印象のもの

 

つまり骨格でいうとストレートタイプの人が似合うと言われる洋服が好みです。

 

 

しかし、骨格ウェーブのオーナーが似合うアイテムはこんな特徴。

・ポリエステル、ナイロンなどの化学繊維で柔らかい素材
・フレアースカートやフリルなどの曲線的なシルエットの洋服
・小さめの柄でフェミニンな印象のもの

 

好きなものと似合うものが真逆のものなんですね。

 

 

このような時、どうやってコーディネートを組んでいるか。
オーナーのコーデと解説はこちら。

 

骨格ウェーブタイトワンピースコーデ

 

木田
画像のワンピースはハリの強い綿素材。

骨格ウェーブの特徴のひとつは肌の柔らかさ。
柔らかいものの上にハリが強く立体的なものを乗せると、身体と洋服の間に隙間ができて、洋服に着られている感がでてしまいます。

 

 

ましてや、わたしのような童顔タイプがこういったハリが強く、ハッキリとした柄を着ると、大人っぽい恰好を頑張ってしている若者といった印象になります(笑)

 

 

好きな洋服を着ていながらも要所要所で似合うポイントを入れてあげることが、自分らしくオシャレになれる方法だと思います。

 

 

このワンピースはハリのある素材とクッキリとした柄が苦手なポイントでした。
骨格を生かした得意なポイントとしては、短めの着丈と腰のタックです。

 

骨格ウェーブタイトスカート選び

 

この1本のタックが入っているおかげでシルエットにカーブができ、得意な柔らかい印象になります。

 

また、カーディガンにはレースが入っていて、これもウェーブ体型に合うデザインです。

 

骨格ウェーブワンピースの柄

 

骨格に合うものと好きなものが違っても、得意なポイントをほんの少し入れてあげるだけで、うんと自分のスタイルやキャラクターに近づきます。

 

まずは知るところから始めてみて下さいね♡

 

 

 

似合う洋服と好きな洋服が違ったらどちらも楽しめると前向きに考えると良いですね^^

 

骨格による見え方、バランスも大切ですが、どう足掻いても自分の‘好き‘からは一生目を背けられないですからね♡

 

 

苦手なファッションさえ、味わい尽くしましょう♡


Top