Devieleー札幌セレクトショップ・韓国ファッション通販

2018/04/16

セルフイメージが低いとオシャレさんにはなれない

セルフイメージが低いとオシャレさんにはなれない

 

こんにちは♡
木田みゆきです。

 

先日サロンにいらしたお客様の気になる発言。

 

「わたしなんかがこんな服着たら怒られる」
「若い人はいいけれどオバサンはダメでしょう?」
「太ってるからなに着ても似合わない」

・・・

 

セルフイメージ低ッ!!!

 

気持ちはわかるけれど、
そんなに自分をイジメなくてもよくないか?

 

その発言って自分に対する自分の評価であって、他人から言われているわけではないから。

 

刺繍ワンピース

 

確かに年齢によって今まで似合っていたハズの色がくすみの原因になったり、体型によってサイズの合う合わないはあるけれど。
オシャレな人は60代であろうと、ふくよかだろうとカッコよく服着こなしてますから♡

 

 

そして、
そういうオシャレさんは自分に対する評価が高い。

 

その証として、
柄物は恥ずかしい。
ミニ丈はみっともない。
色物は年齢に合わない。
なんて考えはなく、自分ならどう着るか?で洋服を選んでいるのです。

 

 

例えば、普通の人がミニスカートは脚が太いからダメだと思うところを、自分のファッションスタイルではないから膝丈がいいな♪という感じ。

 

体型や周囲からの視線で服を選ぶのではなく、自分が着たいスタイルができるかできないかで選んでいます。

 

立体ニットとドールチャーム

 

体形や年齢を気にし過ぎてしまったり、自分の評価に厳しすぎると、着たい服が着れなくなってしまいます。
その結果、いつも同じ色、同じ形。

 

殻を破りたくてもセルフイメージの低さが壁となって挑戦もできません。
なぜならセルフイメージが低いと、自分にお金をかけたいと思えないでしょう?

 

でも自分の感情ではないなにか(例えば世間体や他人からの目線)に従っているんですよ。

 

そしてその癖はファッションだけじゃなくて、食べ物も、コスメも、環境も、人間関係も、言葉にも影響します。
そう考えるとセルフイメージが低いまま過ごすのって、怖いですよね!!

 

パールデニムとインテリア

 

オシャレさんになりたい人は、
自分の好きなところを見つけて、セルフイメージをあげてください。

例えば、指が細くてキレイとか、鼻が高いとか、色が白いとか、美味しそうに食べるところとか。
自分が気に入っていることなら外見じゃなくてもOK。

 

ちなみにわたしは自他共に認めるほどセルフイメージ高いです。
自分はなにをしても許されると思っていますね。笑

 

カットワークバッグ

 

だから着れない服もほとんどないのです^^
逆に一日中パジャマでも自分ダメ人間だなとかも思いませんよ。

 

自分が自分に感じる価値を高めて、色んなファッションを楽しむ女性が増えますように♡

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日程リクエスト受付中】
衣装・ヘアメイク付きおしゃれなプロフィール撮影コース

プロフィール撮影バナー



Top